おすすめの本

 

ただただ私のおすすめの本たち。

 

羊と鋼の森

宮下奈都 著

ピアノの調律に魅せられた少年の心温まる成長の物語。

羊と鋼の森 (文春文庫)

 

「うそつき大ちゃん」

阿部夏丸、村上豊 著

小学校の時、何度も読み返しました。知識か経験か、今読んでも気づかされるものがある一冊です。

うそつき大ちゃん (ポプラの森)

 

 

「サラバ!」

西加奈子 著

ほんとおすすめです。西さんの小説は、どこか自分が重なってしまう不思議さがあり感情移入してしまいます。

 

サラバ! (上) (小学館文庫)

サラバ! (中) (小学館文庫)

サラバ! (下) (小学館文庫)

 

「蜜蜂と遠雷」

恩田陸 著

ピアノのコンクールを舞台にした天才たちのハートフルでスリリングな青春群像小説。

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫)

 

「i」

西加奈子 著

 主人公・ワイルド曽田アイ。ハーフ。養子。恵まれた環境への罪悪感。デリケートな女性が様々なものに揺らぎながら自己を確立していく物語。

“この世界にアイは存在しません”

高校数学教師のこの言葉は非常に印象的でした。

i(アイ)