映画「イエスタデイ」を観て

     

     

    先日、映画「イエスタデイ」を観てきました。

    最高だったのでネタバレにならない程度に映画の魅力をまとめてみました。

     

    どんな話?

    イエスタデイ予告

    〜もしも自分以外「ビートルズ」を知らない世界になったら〜

     

    イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきたが全く売れず、夢を諦めようとしていた。ある日ジャックは、停電が原因で交通事故に遭遇。昏睡(こんすい)状態から目覚めると、この世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていた。

    彼はビートルズの曲を自分の曲と偽ってロックスターになろうとする。。

     

    劇中で使用されるビートルズの楽曲群

    おそらくこの映画で最も魅力的なところは、劇中で使用される楽曲たちです。ジャックの歩みとともに、それに合わせるように選び抜かれたビートルズの曲たちが最高です。

     

    スポンサーリンク

    主人公ジャックの歌・ギター・ピアノ

     

    劇中の弾き語りやライブ演奏は、当て振りではなく実際の演奏を録音しているらしいです。ジャック役のヒメーシュ・パテルさんの演奏技術が素晴らしいです。

     

    エリーが可愛い

    中学校の数学教師をする傍ら、幼馴染のジャックのマネージャーをするエリー。密かにジャックに思いを寄せていた。彼の成功とともに遠ざかる距離が切なくなります。

     

    登場人物がいちいち面白い

    この作品の登場人物の中で特に重要な役割を果たしているのが本人役で登場するエド・シーラン。

    リアルでも映画の中でもスーパースターの彼が、ジャックの(偽りの)才能に感服する姿がとても笑えます。

     

    そしてエドのマネージャーをやっていたデブラ。

    ジャックがより売れるためにあれこれ手を打ってくれるやり手のマネージャーではあると思うのですが、みるからに悪者っぽく描かれています。笑
    クライマックスの表情は必見です!

     

    個人的に面白かった付き人役のロッキー。

    一般的にみたらダメダメ人間なのだが、風の吹きまわしでジャックの付き人をすることに。時々でるちょっかいがクスッとなります。

     

    ジャックの行動に大きな影響を与えるあの人・・・。

    彼に会うことで、ジャックは大きな決断をすることになります。

     

    おまけ・ビートルズ以外にも色々消える

    当初、消えるのはビートルズだけだと思っていたのですが、どうも消えたのはビートルズだけではなかったようです。ストーリーにはあまり関係ありませんが。。

     

    最後に

    改めてビートルズの楽曲の偉大さを感じることのできる映画だと思いました。しばらくはビートルズを聴いて過ごす事になりそうです。

     

    ぜひ劇場でみてくださーい!!

     

     

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です