青葉市子で音楽に溺れる

     

    弾き語りをされる方はご存知の方も多いと思いますが、今回はミュージシャンの青葉市子さんについて調べてみました。

     

     

    プロフィール

    1990年1月28日生まれ。日本のシンガーソングライター。17歳からクラシックギターを始め、山田庵巳を師事。2010年「剃刀乙女」を発表。現在までに6枚のアルバムを発表。2018年より最新作『qp』と共に日本で30公演、2019年にEU4ヶ国での公演を行う。マヒトゥ・ザ・ピーポーとのNUUAMM、舞台、声優、執筆、CM音楽、絵描きなどのびのび生きています。(公式より)

     

    サーカスナイトのカバー

    私が青葉市子さんを始めて聴いたのは、この七尾旅人さんのサーカスナイトのカバー動画です。クラシックギターと澄んだ歌声がグッときます。

     

    スポンサーリンク

    大貫妙子さんとの対談より

    大貫妙子さんは女性シンガソングライターのパイオニアとも呼べる存在で青葉さんは昔から大貫さんのファンだったとか。二人の歌声の話が面白かったです。

    大貫:若い頃は、ジャニス・ジョップリンが大好きだったので、あの強烈なハスキーヴォイスに憧れて、お酒たくさん飲んで無理やりタバコも吸って、声を潰してみたこともあったんですけど、一週間くらいしたら普通の声に戻っちゃってる(笑)。だから諦めて、神様から頂いた自分の声を大事にしようと思いました。いろいろな音楽のスタイルはありますが、スタイルに合わせるのではなく、そのエッセンスを大切にして、自分にフィットする“服”を選ぼうと。そのためには自分を知る、ということがいちばん大事なのかもしれませんね。私はジョニ・ミッチェルが好きなんです。70年代に『ブルー』を聴いて、すごく惹かれて、こういう人になりたいってずっと思っていました。

     

    青葉:私の場合は、色々な声にチャレンジしてみます。「小さい虫だったら、どんな声が出るかな?」とか考えて、コロ助みたいな声出してみたり(笑)。

     

    二人の会話の中に出てきたジョニ・ミッチェルの「ブルー」は名盤なのでぜひ聴いてみて下さい。

     

    大貫妙子さんとの対談の記事です。

    http://www.billboard-japan.com/special/detail/2018

     

    師匠・山田庵巳のカバー

    2013年のツアーにて披露された彼女の師匠・山田庵巳の楽曲「機械仕掛乃宇宙」のカバー映像です。12分という大曲ですがあっという間に過ぎました。

     

    NUUAMM

    NUUAMM(ぬうあむ)は、青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニット。コンセプトは「夜を縫う、朝を編む」。2017年に発売されたセカンドアルバムから「めのう」のミュージックビデオです。癒され効果マックスです。疲れ果てた時のBGMにいかがでしょうか。

    https://www.cinra.net/interview/201706-nuuamm

     

    吉岡里帆さんのラジオより

    吉岡里帆さんのラジオにゲスト出演された時の音源です。彼女の師匠・山田庵巳さんのことや作曲についても語られています。

     

     

    REBORN ART FESTIVALの展示作品について

    音楽家の小林武史さんが実行委員長を務めるREBORN ART FESTIVAL 2019にて、青葉市子さんは石巻市内に定期的にながれる時報を、いままでと同じ楽曲を用いながら、音楽家である作家自身の声を使って録音制作した作品を制作そましたが、会期が始まってから数日間で、日常的に使われていた時報と音色等が異なることで違和感や不快感を感じるなど、時報を元に戻してほしいという意見があったようで展示見直しがなされることになったようです。

     

    実際に聞いたことがないのでなんとも言えませんが、個人的には実際の生活の中に青葉さんの声があったら嬉しいと感じます。音楽には、しばしば生活音がそのまま取り込まれたような楽曲がありますが、その逆で生活の中にミュージシャンの声があったり、ミュージシャンの手によってより豊かな音に変えるというような取り組みは困難があるのだなと感じました。

     

    https://www.reborn-art-fes.jp/topic/f10

     

    まとめ

    今回は青葉市子さんについてまとめてみました。私は青葉市子さんを聴いてクラシックギターの魅力に取り憑かれました。青葉さんの歌詞や曲名もすごく独特で面白いです。ぜひ聴いてみて下さい!

    最新アルバム「qp」

     

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です