【祝】サカナクション7thアルバム「834.194」数字の意味は?

     

    サカナクション6年ぶりのニューアルバム発売おめでとうございます。まずは今回のアルバムをざっくり紹介していきます。

     

    収録内容

    Disc1 35 38 52 9000 / 139 41 39 3000

    01.忘れられないの(♬SoftBank music project テレビCM「速度制限マン」篇 CMソング)
    02.マッチとピーナッツ
    03.陽炎
    04.多分、風。
    05.新宝島
    06.モス
    07.「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
    08.ユリイカ (Shotaro Aoyama Remix)
    09.セプテンバー -東京 version-

    DISC-2 43 03 18 9000 / 141 19 17 5000

    01.グッドバイ
    02.蓮の花
    03.ユリイカ
    04.ナイロンの糸(カロリーメイト「考えつづける人」篇 TVCMソング)
    05.茶柱
    06.ワンダーランド(TBSテレビ「NEWS23」オープニングテーマ)
    07.さよならはエモーション
    08.834.194
    09.セプテンバー -札幌 version-

     

    スポンサーリンク

    アートワーク

    田中義久氏と飯田竜太氏の2人からなるアーティストデュオ”Nerhol(ネルホル)” の彫刻作品2点を撮影し、パッケージの両面に施しています。

     

    ある時間、ある場所という条件の中で連続して撮影された写真を積層し、それらを彫り込んでいくことにより、対象が潜在的に有する視点や感覚を彫刻作品として浮き彫りにしていくNerhol。

    アルバム「834.194」に込められたコンセプトをバンドとNerholで共有し、ある2つの地点を撮影対象とすることにより、そのコンセプトを健在化していき、2点の作品となりました。
    その2つの作品を撮影し、アルバムのパッケージの両面に施したのが今回のアートワークとなっています。

     

    834.194

    今回のアルバム最大の謎だと思います。今回のアルバムは作為と無作為、東京と札幌(彼らの故郷)という対比の構図になっています。834.194は東京と札幌のスタジオを結んだ距離のようです。

     

    Disc1,2の数字

    Disc1は「35 38 52 9000 / 139 41 39 3000」、Disc2は「43 03 18 9000 / 141 19 17 5000」というタイトルになっています。

     

    これは、それぞれ緯度と経度を表しているようです。

     

    Disc1は東京の彼らのスタジオ「青葉台スタジオ」の緯度と経度、Disc2は彼らが札幌時代に使用していた「Studio Bepop」の緯度と経度のようです。(気になった方はGoogle Mapで調べてみてください)

     

    一つの仮説

    ここまでくると、一つの仮説が浮かんできます。

     

    「アートワーク」に使われているのは

     

    ある時間、ある場所という条件の中で連続して撮影された写真

     

    でした。このある場所というのは、Disc1と2で示された場所なのではないか?

     

    ということです。

     

    とにかくすごいこだわりですよね。僕もアルバムを購入してずっと聴いています。音もビジュアルも何もかもがかっこいいです。

     

    現在、収録曲「ナイロンの糸」のMVが公開されています。

     

    今後公開される情報にも期待が高まります。

     

    【メーカー特典あり】 834.194 (完全生産限定盤A[2CD+Blu-ray / 豪華特殊パッケージ])(特典 ~「834.194」テンプレート定規~付)(特典 ~VISUAL&TALK SESSION応募抽選ハガキ~付)

    834.194 (完全生産限定盤A [2CD+BLu-ray / 豪華特殊パッケージ])

    【メーカー特典あり】 834.194 (通常盤[2CD])(特典 ~「834.194」テンプレート定規~付)(特典 ~VISUAL&TALK SESSION応募抽選ハガキ~付)

     

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です