チケット不正転売禁止法が施行

     

    「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(略称チケット不正転売禁止法)が平成30年12月14日に平成30年法律第103号として公布され,本年6月14日から施行されることとなります。

     

     

    チケット不正転売禁止法とは?

     

    目的

    特定興行入場券の不正転売を禁止するとともに、その防止等に関する措置等を定めることにより、興行入 場券の適正な流通を確保し、もって興行の振興を通じた文化及びスポーツの振興並びに国民の消費生活の安定に寄 与するとともに、心豊かな国民生活の実現に資することを目的とする。

    スポンサーリンク


    不正転売の禁止

    何人も、特定興行入場券の不正転売をしてはならない。

     

    不正転売目的の譲受けの禁止

    何人も、特定興行入場券の不正転売を目的として特定興行入場券を 譲り受けてはならない。

     

    違反した場合

    演劇、コンサートやスポーツなどのチケット(特定興行入場券)の不正転売を目的としたチケットを譲り受けた場合、1年以下の懲役100万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。

     

     

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です