アコースティックギターの各部名称

     

    アコースティックギターの各部位の名称と役割。

     

    ヘッド

    ネックの先端部分。

     

    ペグ

    弦を巻きつけて留める部分。

     

    ナット

    弦を支える部分。よって材質に音に大きな影響を与える。

     

    スポンサーリンク

    ネック

    弦が張られた棹の部分。ギターによって太さや暑さが異なる。演奏のしやすさにも影響。

     

    フレット

    指板に埋め込まれた金属製の部品。半音間隔で埋め込まれている。

     

    フィンガーボード

     

    ネックの表側に張られた板。演奏時に左手で弦を押さえる音程を決める部分。

     

    サウンドホール

    弦が振動して共鳴し、内部で増幅したのち外に出てくる穴の部分。

     

    サドル

    弦を支え、弦の振動をブリッジに伝える。(画像の白い棒状のパーツ)

     

    ピックガード

    ピックからボディを守るためのプラスチック製の板。

     

    ブリッジ・ブリッジピン

    ブリッジは、サドルを固定して、サドルから伝わった弦の振動をボディに伝える。またブリッジピンは弦をブリッジに留めるためのピン。

     

    これらの材質や留め方、形などは音に大きな影響を及ぼします。購入する際にはよく気をつけた方が良さそうです。色々、発見次第この記事をアップデートしていきます。

       

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です